物流アウトソーシングの3PLパートナー企業。西日本での物流ターミナル、総合物流システムプランを提供します。
ホーム > ニュース詳細

ふたばニュース

ニュース一覧

悪徳業者に注意! (2017.10.20)

悪徳業者に注意!
 当社にて、「電気の分電盤清掃」を口実に、不審な業者に高額な手数料を請求されるというトラブルが発生しました。最近、このような詐欺まがいの行為が全国的に横行しています。
電力会社、保安協会、警察、消費者センターなどが、注意を促しているものの、被害は後を絶ちません。
 このトラブルは、事業者間の取引は、「クーリングオフ制度」で守られていないという「法の隙」をついたものです。テナントや営業所の社員を言葉巧みにだまし、事前に契約書にサインをさせて作業に取り掛かり、30分もかからない簡単な作業の後で、高額な料金を請求するという手口を使っています。
 同様のトラブルに巻き込まれないよう、マニュアルをよく読み、怪しいと思ったら所長、センター長にすぐに相談し、安易にサインをしないようにしてください。

悪徳業者対応マニュアル
■基本の確認事項
1.事前に計画の無い施工作業は要注意!保守点検は稟議書をもって行う!
2.名刺等で正規契約の業者(契約のある業者かどうか)であることを確認する!
3.事前に作業内容や見積書の提示を求める、または事前に提示されているかどうかを確認する!
4.書類(契約書、申込書等)に目を通さずにサインをしない、権限者だけがサイン
  をするようにする!
5.取引先様依頼の案件には代理でサインしない!
6.権限を有しない従業員は、郵便や宅配便の受取時のサインのみ!
■対峙したときの注意点
1.会話は必ず録音する!
 (相手が拒んだら、「会社の規則です」ときっぱり言いましょう。)
2.毅然とした態度で臨む!
 (相手は、こちらが折れるのを待っています。)
3.時間を区切る!
 (最初から、30分、1時間の時間制限を設けて話を聞く。それ以上は取り合わない。
 応じないときは不退去罪で警察を呼びましょう。時間をかけ、こちらが折れるのを
 待つのも相手の策略です。)
4.必ず、相手の人数+1名以上で臨むこと!うち1名は必ずメモをとること。
 (こちらのペースで進めましょう。)
5.大事なことは、「相手の要求を呑まないこと!」
  自分のリスクで判断できるものを除き、支店、営業所、センターで答えを出さな
 い。ややこしい事案は、必ず本社に相談しましょう。)

 
 分電盤は4年に1度、電力会社による点検が義務付けられており、費用は無料。通常、清掃の必要もほとんど無いといわれています。「分電盤清掃」に限らず、あらゆる名目で不審な業者は接触してきます。「消火器交換」でトラブルになる事案もあります。
 このような「法の隙」をついた詐欺まがいの商法は、反社会的勢力の得意とする手口です。少しでも怪しいと感じたときには、きっぱりと断ることを心がけましょう。